【意味が分かると怖い話】誘拐犯と少女

意味が分かると怖い話

この薄暗い部屋に監禁されてから、どのくらい経ったのだろう。
体がイスに縛り付けられていて身動きが取れない.部屋の隅には小さな女の子が横たわっている。
薄暗いせいでここからでは彼女が生きているのかどうかも分からない。

最近、近所で3人の小学生の女の子が立て続けに行方不明になり、変わり果てた姿で発見されるという事件があった。
犯人はまだ捕まっていない
らしい

帰りが遅くなって夜道を一人で歩いていたのが良くなかった。
お父さんやお母さんから注意されていたのに、つい油断してしまった。
路地裏で女の子が犯人に襲われているところを偶然に目撃してしまったのだ。
急いで逃げようとしたけど簡単に追いつかれた。
後ろから頭を殴られて気絶したらしく、気がついたらこの部屋で縛られていた。

とにかくここから逃げないと。
私は縛られていて動けないけど、向こうで横たわっている女の子は見たところ拘束されていないようだ。
もしあの子が気絶しているだけなら、助けてくれるかもしれない。
「ねえ、ちょっと」
私は声をひそめながら彼女に呼びかけた。
「もし生きているなら起きて。ここから逃げないと」
その時、女の子の手もとがかすかに動いたように見えた。
やった、生きてる。
「お願い、起きて!縛られてて動けない!早く助けて!」
「うー、うるさいな」
女の子はゆっくりと上体を起こして、寝ぼけたように髪の毛をかきあげた。
よし、これで逃げられる。
気だるげに起き上がってこちらに歩いてきた女の子の顔を見た時、私は驚愕した。
こいつはあの時の・・・
そう思った瞬間、女の子は私の頬を思い切りひっぱたいた。

「おい、おっさん。アレを見たからには生きて帰れると思うなよ」

ポル子
ポル子

え?あれ?

ナゾおじさん
ナゾおじさん

夜道の一人歩きは危ないな。私も気をつけよう。

ポル子
ポル子

女の子がさらわれて、女の子が捕まっていて、犯人がおっさん???女の子???

ナゾおじさん
ナゾおじさん

混乱しているようだな。もう一度よく読んでみなさい。

↓↓↓解説↓↓↓

 

 

 

 

 

【解説】
犯人は女の子で、語り手である被害者は中年男性だった。
同年代の少女を何人も手にかけるとは、なんとも恐ろしい子供だ.
それにしても小学生の女子に監禁されてしまったおっさんは少し情けない。

※この文章はフィクションです。実在の人物・団体・出来事などとは、一切関係ありません。

タイトルとURLをコピーしました